フィリピン留学後に就職をする選択、どのような道へ進む?

フィリピンに英語留学をする日本人が非常に増えてきており、首都マニラだけではなくセブ島への留学サポートをしているエージェントもたくさんあり、アメリカやヨーロッパなどに行くよりも非常に安価に出来ることから人気を集めております。

一度フィリピンに留学してみて、日本とはまったく違う生活環境ですがその居心地の良さに慣れてしまうと、日本国内の閉塞感やブラック企業への就職、就職難などの問題が嫌になり、また海外で生活したいと思う方が多いようです。

もしも留学をした後にそのままフィリピンで就職をしたいのであれば、現地採用という形になります。

日本に帰国した上で日系企業に就職をして、その後フィリピンを始め海外に駐在員として派遣されるというスタイルもありますので、まずはその点についてよく考えてみましょう。

他にはせっかく英語留学をしたのであれば外資系企業に就職する道もあります。

もちろん日本に帰国して英語採用をしたい企業に入っても勿論OKですが。

フィリピンでの生活が気に入った方はフィリピンで働く手段を考えましょう。

駐在員と現地採用ではお給料を始めとする待遇が全然違うために、駐在員として働いた方が有利だったりすることもあるのです。

ただし、駐在員はフィリピンでの任期が終われば今度は違う国に行ったり、日本に帰国して仕事をする必要が出てくるために、今後ずっとフィリピンにて生活をしたい方でしたら現地採用スタイルを選ぶのも良いかも知れません。

スキルや知識、資格、さらには今までの経歴によって、フィリピン国内でも専門職に就くのであれば、現地採用としての雇用であっても割と良いお給料を目指すことももちろん可能です。

現地人との会話、フィリピン語でお礼を言おう

実際にフィリピンで仕事をするにあたって、現地の方とすべて英語でコミュニケーションをとることも可能ではありますが、ちょっとした言葉でも現地の母国語であるフィリピン語(タガログ語)を使ってみると、現地の方々との距離もグッと縮まって仲良くなれたりもします。

日本人も、外国人にお礼を言われるときに「アリガトウ」と言われたらちょっとうれしい気持ちになりますよね。

フィリピンでの就職や転職をして現地に住み始めて、まだ慣れないうちにはフィリピンの方々にいろいろとお世話になることも多いでしょうから、フィリピン語のお礼の言葉を覚えておくことをオススメいたします。

日本語の「ありがとう」は「Salamat(サラマット)」と言います。
そして、「ありがとうございます」のように丁寧な表現をしたいときには「Salamat po(サラマッポ)」と言うのです。

フィリピン語は最後に「po(ポ)」をつけますと丁寧な表現になりますから、年上・目上の方に対して感謝の気持ちをあらわしたいときには「サラマッポ」を使うようにしましょう。

そして、相手から逆にお礼を言われたときに「どういたしまして」と言いたいときには、「Walang anuman(ワラン・アヌマン)」という言葉を使います。

こうしたちょっとした言葉であっても、現地の言葉にするだけで相手から親近感を持たれて、これから先の人間関係も築きやすくなっていくはずです。

簡単な挨拶をフィリピン語で出来るだけでも良い

フィリピンでは英語も公用語となっておりますから、日本人よりもフィリピン人の方が英語を深く習得しているので、フィリピンでの就職や転職にあたっては英語さえ出来れば大丈夫だったりもします。

ただし、母国語はフィリピン語(タガログ語)ですので、現地に渡航するのであれば簡単な挨拶や会話程度でも覚えていきますと、周りの方々ともより楽しくコミュニケーションをとっていくことが出来るはずです。

もちろん、ビジネスレベルのフィリピン語を使いこなすことが出来ればその方が良いに越したことはありませんが、仕事では英語を使って、普段のコミュニケーションでは頑張ってフィリピン語にチャレンジしてみるのも良いかと思います。

まずは、朝の挨拶である「おはよう」という言葉はフィリピン語では「Magandang umaga(マガンダン・ウマガ)」です。

フィリピン語は、その言語独特の文字があるわけではなく、アルファベット表記ですからそのまま何となく読めるのも有り難い点だと思います。

そして「こんにちは」は「Magandang hapon(マガンダン・ハーポン)」、「こんばんは」は「Magandang gabi(マガンダン・ガビ)」です。

「Maganda(マガンダ)」は、英語の「good」という意味があり、さらに単体で使うときには「beautiful」という意味もありますので、女性に向けて使うことも多い言葉なのです。