簡単な挨拶をフィリピン語で出来るだけでも良い

フィリピンでは英語も公用語となっておりますから、日本人よりもフィリピン人の方が英語を深く習得しているので、フィリピンでの就職や転職にあたっては英語さえ出来れば大丈夫だったりもします。

ただし、母国語はフィリピン語(タガログ語)ですので、現地に渡航するのであれば簡単な挨拶や会話程度でも覚えていきますと、周りの方々ともより楽しくコミュニケーションをとっていくことが出来るはずです。

もちろん、ビジネスレベルのフィリピン語を使いこなすことが出来ればその方が良いに越したことはありませんが、仕事では英語を使って、普段のコミュニケーションでは頑張ってフィリピン語にチャレンジしてみるのも良いかと思います。

まずは、朝の挨拶である「おはよう」という言葉はフィリピン語では「Magandang umaga(マガンダン・ウマガ)」です。

フィリピン語は、その言語独特の文字があるわけではなく、アルファベット表記ですからそのまま何となく読めるのも有り難い点だと思います。

そして「こんにちは」は「Magandang hapon(マガンダン・ハーポン)」、「こんばんは」は「Magandang gabi(マガンダン・ガビ)」です。

「Maganda(マガンダ)」は、英語の「good」という意味があり、さらに単体で使うときには「beautiful」という意味もありますので、女性に向けて使うことも多い言葉なのです。