フィリピン留学後に就職をする選択、どのような道へ進む?

フィリピンに英語留学をする日本人が非常に増えてきており、首都マニラだけではなくセブ島への留学サポートをしているエージェントもたくさんあり、アメリカやヨーロッパなどに行くよりも非常に安価に出来ることから人気を集めております。

一度フィリピンに留学してみて、日本とはまったく違う生活環境ですがその居心地の良さに慣れてしまうと、日本国内の閉塞感やブラック企業への就職、就職難などの問題が嫌になり、また海外で生活したいと思う方が多いようです。

もしも留学をした後にそのままフィリピンで就職をしたいのであれば、現地採用という形になります。

日本に帰国した上で日系企業に就職をして、その後フィリピンを始め海外に駐在員として派遣されるというスタイルもありますので、まずはその点についてよく考えてみましょう。

他にはせっかく英語留学をしたのであれば外資系企業に就職する道もあります。

もちろん日本に帰国して英語採用をしたい企業に入っても勿論OKですが。

フィリピンでの生活が気に入った方はフィリピンで働く手段を考えましょう。

駐在員と現地採用ではお給料を始めとする待遇が全然違うために、駐在員として働いた方が有利だったりすることもあるのです。

ただし、駐在員はフィリピンでの任期が終われば今度は違う国に行ったり、日本に帰国して仕事をする必要が出てくるために、今後ずっとフィリピンにて生活をしたい方でしたら現地採用スタイルを選ぶのも良いかも知れません。

スキルや知識、資格、さらには今までの経歴によって、フィリピン国内でも専門職に就くのであれば、現地採用としての雇用であっても割と良いお給料を目指すことももちろん可能です。