フィリピンの語学学校で就職したい方

日本人のフィリピン英語語学留学が盛んです。

日系の語学学校も増えてきており、その中で求人募集も見られる事があります。

語学学校が求めている人材として次のような要件で求人を出す事が多いです。

1.英語力(TOEIC600以上)

生徒に教育できるレベルか、そうでないかで職務が異なってきます。
800以上あれば教育に参画できるぐらいになりますが、そうでなければ事務職やPC操作周り、メール対応等の仕事になるでしょう。

2.異文化への理解、バイタリティ

流石にフィリピンでの生活になれないと厳しいですね。フィリピン人とともに働く事は日本人にとってストレスになる事が多いです。

加えてどんな困難にも立ち向かえるバイタリティが必要となってきます。

3.ビザ

就労ビザ無しでもOKの会社もあるので(会社側が就労ビザ取得の支援をする)そういった所を探すのが良いでしょう。

語学学校での求人は通年出ているとは限りません。
スタッフに空きができた場合や、新しく拠点を作ったり生徒拡大のために人員を必要として求人を出す事がある程度です。

求人を探すには自ら語学学校のホームページを参照し、採用情報をチェックしておくことが大切です。

場合によっては人材紹介会社に委託しているかもしれないので、登録しておいても良いでしょう。

フィリピン求人と日本人のサイト

心配するなし、フィリピンのWi-Fi事情、観光地はよく繋がる

メトロ・マニラ首都圏またはセブ島などの有名観光地での、空港、大規模商業施設そして有名ホテルに限って言えば、日本と同じようにWi-Fiを利用できます。

しかも面倒なセキュリティ認証や事前登録の必要が無い無料Wi-Fiまであり、スマートホンやタブレットなどの機器を起動すると勝手に接続されてしまうことまであります。

だから、これらの場所に滞在するだけの旅行であれば不自由なくインターネットを利用できるでしょう。

けれども一歩これらの場所から離れると、フィリピン国内にWi-Fiが利用できるところは限られているのが現実です。

Wi-Fiが整備されていない場所で、インターネットにアクセスしたいという方にはプリペイドSIMカードがおすすめ。

フィリピンの通信会社各社から様々なSIMカードが発売されていますので、フィリピン国内で滞在する地域や利用形態に応じたSIMカードを購入すればOKです。

なお、SIMカードを購入する際の注意点は二つ。

まず第一に、持っているスマートホンやタブレットがSIMフリーのものかどうかを確認しましょう。

日本の通信会社が発売しているこれら機器の中にはSIMロックといって、他社のSIMカードを受け付けないものがあります。

第二は、持っている機器のSIMカード・スロットに適合したSIMカードか否かを確認しましょう。

この二つをクリアできて、購入したSIMカードをセットすれば場所の制約がなく自由にインターネットができます。

あと注意すべき点は、フィリピンのインターネットは、アクセスに要する料金が日本よりも高く、速度が出ないこと。

これは日本国内が極端な通信会社間の競争で、世界的に稀な低料金かつ高速高品質になっているだけですので、日本人が感じる割高間は世界的に見ればフィリピンに限ったことではありません。

快適なインターネットへのアクセス環境を手に入れてフィリピンでの仕事に活用しましょう。

フィリピンは日本向けオンライン英会話が充実しています!

フィリピンの首都マニラは、大きな高層ビルもあり発展しています。日本企業も多々進出していますし、日本人向けの飲食店も多いので過ごしやすいです。もちろん日本語が通じるところも多々あります。またセブ島は人気の観光地でもあり、年中暖かい地域なので海もきれいなので多くの観光客が訪れて楽しんでいます。

最近、セブ島では日本人向けオンライン英会話ビジネスが盛んになり、フィリピン大学を卒業した方や学生さんなど優秀な方々が、オンライン英会話へ勤務している方も多いです。やはりお手頃価格にてオンライン英会話はできますし、セブ島は観光地以外のビジネスがあまりないので大学を卒業してもあまり働くところもない状態だったので、日本人向けのオンライン英会話の企業進出によりフィリピン経済にも大きく影響しているようです。短期留学制度なども充実しているので長期休暇を利用して日本から短期留学でフィリピンへ来る方なども多くいらっしゃいます。英語がしっかりと勉強できる環境なのでかなり充実した時間を過ごせるはずですし、フィリピンは日本からも遠くないので多くの方が短期留学を希望して参加している方も多いです。フィリピンは人気スポットとして注目されています。

フィリピンはとても住みやすいところ!その魅力をお教えします

フィリピンはたくさんの島々からなる国であり、その島は小さいものも合わせると、実に7千以上もあるといわれています。

フィリピンの魅力はたくさんあるのですが、その中でも特に魅力的なのがとても過ごしやすい気候であるということ。

1年中割と暖かく、寒暖の差が少ないことが特徴であります。

そして日本から割と近く、だいたい片道4~5時間でフィリピンに行くことができます。サッと手軽に行くことができる国であるのです。

そしてフィリピンには日本の企業がたくさん進出しています。

そのため、日本食のレストランなども充実しており、食事に困ることもないでしょう。

もちろん日本食に困ることはないのですが、実はあまり一般的には知られていないフィリピン料理というものが存在しているのです。

このフィリピン料理は日本人の舌に合う人が多いようです。

少し辛めの料理が多いので、辛いものが得意な人にはとても喜ばれることでしょう。

語学に関してもそれほど心配はいりません。というのも、英語を話す人がとても多いため、日本人にも通じやすいのです。

実はフィリピンはアメリカ、イギリスに続いて英語を話す人口が多い国であるのです。

フィリピンの魅力、少しでも伝わりましたでしょうか。一度フィリピンという国を肌で感じてみるのも良いかもしれません。

フィリピンに見られる主要な自然風景と群島

フィリピンは日本同様に数多くの島からなり、北部のルソン島はフィリピンで最も大きな島です。

島の南部には首都のマニラがあり、2010年現在の人口は165万人ほどもある大都市です。

ルソン島の最高峰はプログ山(2,929メートル)ですが、日本でもよく知られているのはピナツボ火山でしょう。

本来は標高1759メートルあったピナツボ火山は、1991年の大噴火によって1486メートルにまで縮んでしまいました。

それほど巨大な噴火であり、この時の噴火は20世紀の世界の火山のなかでも最大規模となりました。

フィリピンの最高峰は南部のミンダナオ島にあります。標高2954メートルのアポ山で、この山も巨大な火山です。

フィリピンにある世界的に珍しい自然地形は、ミンダナオ島の北のボホール島にあるチョコレート・ヒルと呼ばれるものです。

チョコレート・ヒルは大理石でできている高さ30~50の小高い半円形の丘が、1268個もぎっしりと並んでいるという特徴があります。

フィリピン南西のパラワン島には、プエルト・プリンセサ地底河川国立公園があり、鍾乳洞に流れる地下河川をみることが出来ます。

この地下河川まで観光するには1日がかりとなりますが、フィリピンでも数少ない世界自然遺産となっています。

貧しくても家族間の和睦と笑顔がステキな国

私自身一度だけフィリピンに旅行に行ってきたのですが、ほぼ首都マニラに5日ほど滞在しながらいろんな所を観光してまわりました。

まだ治安はあまり良くないので、一人での旅は遠慮したほうがいいのですが、それ以外に関しては観光地としてなかなか魅力的な所だと思います。

アジアの中でこれほど日本人を好きな国はないのではと思うのですが、日本人のあきの大統領の名前が空港の名前になっているくらいで、ホンダの自動車が何処でも見られるしで日本人をべた褒めしてくれるガイドと共に日本人にとっては居心地のいい国だと思います。

今成長段階にあるフィリピンですが、資源が豊富なだけにアメリカの干渉を受けているので、自国の人というよりも外国での投資をしている人がお金を稼いでいるというのが主流なようです。

どこにいっても、マクドナルド、スターバックスなどアメリカ系のお店が必ずあってみなとても好きです。

しかしそれ以外のお店がどれほど繁盛しているかというのはあまり感じられない現実です。

そういう理由で経済的には厳しいものがあるし、子どもの制限をしてはいけない宗教上の内容もあって経済は厳しいけれども多産の国で、それでも家族間はとても和睦がいいらしく貧しくても楽しく暮らしているというのがフィリピンのよさでもあると思いました。

観光地としても人気のフィリピン、セブ島に行ってみよう

フィリピンは飛行機で日本から四時間ちょっとで行けることから日本人の海外旅行に人気を集めています。

時差も一時間なので時差ぼけもしないので良いですよね。

フィリピンの中でも観光客に人気のエリアはセブ島です。

海がとてもきれいなことからハワイなどに負けない人気となっています。

しかしセブ島は意外と広いのでビーチを出て観光する場合は各交通機関を使わないと不便です。

常に巡回しているタクシーを使うのも良いですが、やはり海外は治安が心配ですよね。

そんなときは宿泊施設が案内してくれる車がオススメだと思います。

料金は少し高めですがそんなことより自分の安全の方が大切だと思うので、女性の方のみの旅行だったらこれを使いましょう。

次に料理についてですが、フィリピンは肉料理が主です。

豚、鶏の丸焼きなどは普通に街角で売られています。

日本でいうと沖縄みたいなところだと思います。

最後にセブ島に訪れたらぜひ行って欲しい場所を紹介します。

それはカワサンフォールという滝です。

とても神秘的でマイナスイオンを吸収できるオススメスポットです。

水も青くてとてもきれいです。

しかし中に入れるかは当日の天候次第なのでガイドさんと一緒に訪れると良いでしょう。

フィリピン留学が人気、そのメリットとは?

フィリピンという国は、いくつもの島々で作られている国であることから、フィリピン語といってもその、島によって言葉が微妙に違ってくることも多いことから、フィリピンではコミュニケーションがとれるようにと、英語を共通語として話す者が多いことから、フィリピンに英語を学ぶために留学に訪れるという留学生も多く、フィリピンは英語を学ぶための留学生先として人気となっていて、英語の本場であるアメリカやイギリスと同じように人気となっていてきているため、これからますます留学先として注目を集めているのがフィリピンです。

フィリピンでは、英語を共通語として話すことのできる方が多くいることから、講師として働けるフィリピン人も多く、フィリピンでは働きたくても仕事がないと出稼ぎに訪れることも多いため、フィリピンが留学先として人気になればなるほどに、働き先もふえてくるため、フィリピンはこれからますます発展が期待されている国として注目されています。

フィリピンは、他の国と比べると物価がとても安い国であることから、旅行をするといったときでも、買い物や食事にかかる費用をおさえることができるため、留学をするといった時でも、留学にかかってしまう費用をおさえることができ、アメリカなどに留学をするとなると高額な留学に費用を用意しなければなりませんが、フィリピンでは留学にかかる費用が安いだけでなく、フィリピン留学では留学をし英語を学ぶための授業料から、宿泊費、食費などのすべてが含まれていることがほとんどなので、高額な留学費用を準備しなくても英語を学ぶことができたり、フィリピンはリゾート地としてもとても人気のある国であることから、留学をしながらも、休みの日にはリゾート地でたのしむことができたり、フィリピン人は気さくな人が多いので、学んだ英語を地元の方と話して、コミュニケーションをとることができたりなど、魅力がいっぱいつまっている国となっているため、留学先として注目を集めています。

マニラの交通手段、利便性は良くない、スリにも注意

日本では通勤の際には当たり前のように電車を使っていますから、フィリピンでの就職や転職をした際にも同じように電車での通勤が出来ると思っている方も多いのではないでしょうか。

実際、フィリピンの首都マニラにはMRTというモノレールのような鉄道が走っていますので、このMRTを使っても問題はありません。

しかし、日本の電車の雰囲気とはまた異なり、現地のフィリピン人にとっての主だった移動手段として使われていますので、いつでも非常に混み合っているので少々危険があったりもします。MRTの中でのスリなどが横行しているからです。

また、現地の方の交通手段として一般的に使われているのがジプニーという乗合バスです。

このジプニーは乗車1回につき8ペソと非常に安く利用できますから、毎日の通勤手段としては現地の方にはもってこいなのです。こちらでもスリなどには最新の注意を払う必要があります。

フィリピンで生活を始めてまだ慣れないうちには、乗り方なども分からずに敬遠してしまいがちですが、慣れてきたら一度はチャレンジしてみるのも良いでしょう。実際、現地のオフィスに通勤する際に使っている日本人も見受けられます。

その他には、特に駐在員でしたら企業によっては運転手付きの社用車を貸してくれたりしますので、そういった場合には自宅からオフィスまで特に問題もなく毎日通勤することが出来ます。

ただし、車の場合にはひどい渋滞を覚悟しなくてはなりません。

フィリピンで働くのに必要な英語力、TOEICスコアはどれぐらい?

海外で仕事をするのであれば、出来れば英語を使いこなせた方が優遇されるでしょう。

もちろん、その国で日常的に英語がほとんど使われていないことであっても、ビジネスの場では英語が用いられることがほとんどですので、海外就職を目指している方はある程度の英語力をつけておく必要があるのです。

フィリピンの公用語はマニラ中心で話されているフィリピン語(タガログ語)、そしてその他にもフィリピン全土で使われている英語の二種類があります。

フィリピン語が出来なかったとしても、英語が出来れば就職をするのに困りませんから、ある程度の英語力は必要になると言えるでしょう。

その他の東南アジアの国でしたら、シンガポールやマレーシアでは特に高い英語力が求められるのですが、フィリピンではTOEIC550点程度でも仕事先を見つけることは出来ます。

ただし、業種が限られてしまったり、業務がスムーズに行かなかったり、同僚と意思疎通がうまくいかなかったりすることも考えられますから、出来ればTOEIC700点以上のレベルを持っていると安心です。

たとえば、フィリピンにてコールセンターなどのカスタマーサポートといったアウトソーシング業をする場合には、相手が日本人あるため、求められる英語のレベルはそれほど高くはありません。

社内にて使う言葉は英語ではありますが、仕事は日本語でおこなうためにビジネスレベルの高い英語力を求められることはないでしょう。